にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
にほんブログ村

大学教員として生きる道

著者は40歳代の都内中堅私大の准教授です。大学教員になるまでの経緯、日常の出来事などを記録します。

4月1日 勝負の明暗!

4月1日 勝負の明暗シリーズも3回目ぐらいになるが,今年もやってきた.

 

多くの国内の大学教員,研究者がドキドキする一日ではないかと思う.

2021年4月1日,10時現在,「科研費電子申請システム」へのアクセスはスムーズではないことから,おそらくアクセスが集中していると思う.

 

いつもより長い時間がかかったがログインすることができた.

いよいよ,このボタンを押すときがきた.

 

 

f:id:shiranaitoson:20210401105045p:plain

 

キターーー ”所属研究機関処理中”    

 

f:id:shiranaitoson:20210401105454p:plain

 

機関より正式な採択の連絡が入るまで少し不安はあるが大丈夫だろう.

昨年度は不採択だったので,冷や飯を食べざるを得なかったが,今年はいよいよ研究を進められる.嬉しい感情で一瞬気持ちが高ぶったが,やらなければならない責任感とワクワク感が入り混じった気持ちだ.

 

備忘録として,昨年の不採択時と今回の採択の違いをメモしようと思う.

 

 

・不採択時の申請書を何度も見直してブラッシュアップした.

・最近の研究動向に即した内容を盛り込めた.

・原著論文を国際誌に投稿して掲載された.

・メンターより有益なアドバイスをいただきながら作成した.

・一つ一つの研究課題に加えて,大きなゴールを示すことができた.

 

今回の採択を皮切りに,大きな夢に向かって頑張ろうと思う.