にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
にほんブログ村

大学教員として生きる道

著者は40歳代の都内中堅私大の准教授です。大学教員になるまでの経緯、日常の出来事などを記録します。

大学経営

大学の収入源

大学教員の仕事は教育、研究、社会貢献の3本柱であるとよく言われる。従って何の疑いもなくこの3つに邁進していれば、ある程度の評価を得て昇級するのが筋である。しかしながら、少しは大学の経営的なことも平の教員も考える必要があるだろう。 そこで大学の…

大学経営ってなんだ!

現場の教員として大学経営について思うことがある. 少子化が進むわが国において,大学経営が困難な状況であることは国公私立を問わず生じている問題だが,特に地方小規模私大,女子大学,地方国立大学においては喫緊の課題で経営基盤を安定させることは,教…

大学経営からみた非常勤講師が増えることの問題点

大学教員の半数は非常勤,常勤の4分の1が期限付きであることがニュースになっていた.確かに衝撃的でこのような記事がアップされると大学教員を目指す人が益々減ってしまうのではないかと危惧される. この記事で気になったのは非常勤の人数の数え方が述べ…

大学教員が裁量労働制で働く理由

大学教員の土日にはやるべきことがいっぱいある。 何があるかというと、まずは学会、研究会など他大学の先生方と集まる会は土日が多い。そして、一般向けの講演会や入試、オープンキャンパスなども土日が多い。 そして、研究活動そのものが大学の授業がない…